足健道 さと足ツボ療術院

健康・体質改善♪
「足もみ」といえば
足健道(そくけんどう)

0761-76-6363 (完全予約制)

もしも、大切な人が病気になった時。まわりの人ができること。

2018年3月23日

難病や、大病になったとき、

ご本人はもちろんのこと、ご家族の人たちは、

どん底に突き落とされたような

辛い気持ちになります。

心配で、心配で、眠れなくなるほど

不安になり、自分が変わってあげたい、

何もしてあげられないと

悲しんでしまう方は、とても多いです。

 

そのお気持ちは十分にわかりますが、

代わってあげる事などできないのです。

一番辛いのはご本人であり、

できないことを言われても

相手の心が救われることはありませんし、

一つ一つの命は大切で、

代わっていい命などないのです。

 

また、【何もしてあげられない】という言葉も、

相手を突き放します。

どんなことであろうと、

「できること」は必ずあるからです。

 

寄り添う。見守る。言葉をかける。

話を聴く。求められることに答える。

求められなくてもしてあげたい。

できることはたくさんあります。

 

もしも大切な人が病気になってしまったら

心と体が楽になれる手段のひとつとして

「心と体の足もみ」を選択肢の中に

入れていただければと思います。

 

本書には、各症状別に

「足裏のつぶやき」と「気付きの言葉」と

「心のメッセージ」をご紹介しています。

 

本人に言わなくていいです。

「そんな風に頑張っていたんだなぁ」という

労わる思いやりの心で、接してあげてください。

その思いやりの心で足をもめば、

必ず伝わるものがあるはずです。

 

心と体の相乗効果が生まれ、

驚く効果が現れるかもしれません。

本書が、たった一人で悩み、悲しみ

不安でイッパイになっている人たちの

心の支えとなり、少しでも良くなりたいと

願う光となれますように。

 

毎日そばにおいて、開いて、読んで、足をもむ。

心が1%でも楽になる。軽くなる。元気になる。

明るくなる。そして、また明日から頑張ろう。

と勇気が湧く。

人生の支えになれますように。

 

どうか一人でも多くの人の心に響き、

お役に立てますように。

心と体が元気になれる人が

増えていくことを願っています。

↓予約販売↓開始しています↓

足の裏もみで病気が治る!痛みが消える!

記事一覧に戻る