足健道 さと足ツボ療術院

健康・体質改善♪
「足もみ」といえば
足健道(そくけんどう)

0761-76-6363 (完全予約制)

11/2 【邪気】もうらう人。もらわない人、不調は双方の●●●で良くなれる!

2019年11月2日

■病気はもらうのか。

私がこのお仕事を始めたころ

「悪いもの受け取ってくれてありがとう。

病気にならないでね」

といわれることがありました。

【何?それ?
私は貴方の悪いものをもらったの?】

また、お弟子さんに

【そんな仕事をしていたら、人の悪いものを
もらって病気になってしまうから
やめたほうがいいと心配されたのですが
それは本当ですか?】

と不安そうに聞かれたこともあります。

■クライアントの痛みを感じ取る。

実際、このお仕事を始めて
3年ぐらいのころ、クライアント様の痛みを
自分の体ですべて感じ取ることができる
ようになったことがありました。

ご来院の数分前から起こることもありました。
これはクライアント様がご自分で私に
訴えた箇所はなりません。

私に伝わってくるのは
私に伝えなかった痛みです。

私が一つ一つ不調や痛みを言っていくと
クライアント様がベッドから起き上がって
驚くので、私も霊能者にでもなったかのように
楽しんでいた時期がありました。

そして、伝えると止まりました。

残ってしまう痛みもありましたが、
その方がお帰りになると、
すべてがピタッと止まりました。

そして、確かに。とっても疲れました。

このことを「邪気をもらった」というのか。。。

そう考えるとなおさら疲労感が増しました。

■自分の体で試行錯誤を繰り返す。

でも私は、【悪いものをもらう】という

考え方自体が好きではありません。

そんな風に考えてしまうと、お互いが

辛いし、楽しくないし、力が湧いてこない。

こんな考え方をしていては、「いけない」。

その確信だけはありましたが、

どんな言葉を選んで伝えればいいのかが

はっきりせず、試行錯誤していました。

本当に病気をもらうのか?

じゃあ病気の人と一緒にいたら
こちらも病気になるのか?

人と接するお仕事をしている人たちは

すべてそうなってしまうのか。

でも・・そうだとしたらお医者様(Dr.)

はどうなるの?

おかしいじゃないか・・・と(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■Dr.に相談。

そこで、以前から当院に通ってくださる
Dr.数人に質問をしたことがあります。

「東洋医学には邪気という考え方があって
こういう仕事をしていると人から悪いものを
もらうといわれる事があるのですが、
先生たちは、毎日重症の患者様を
診られていると思うのですが、
そんなことってあるのでしょうか?」

「何だ?それ?
西洋医学にそんな考え方はない。
それだったら医者はみんな

病気で倒れてしまうことになる。

ただ、ウィルスには気をつけなければ

ならないよ。うつるから。
そういう患者さんを施術しないほうがいいよ」

とお話してくださいました。

「!!!!!!そうですよね~」

■もらうのか。もらわないのか。

東洋医学には「邪気」という考え方
があります。

1.内因的要因

七情=喜・怒・憂・思・悲・恐・驚

2.外因的要因

六邪=寒・暑・燥・湿・風・火

3.習慣的要因

飲食・生活習慣の不摂生

上記のような影響を受けて

心の流れが止まっったとき
体の流れも停滞します。

気が止まっている邪の場所。
見えない悪い気。【邪気】
そこから病気が始まるという

考え方です。

病気のことを邪気と表現したりもします。

このことからも、邪気は、

人からもらうものではない

という事がわかります。

で、今現在、これまでの

クライアント様の病気をもらったかというと
【一切もらっていません】

確かに、このお仕事は
デスクワークの疲れ方とは違います。

でも、どんな仕事でも一日一生懸命
働けば、誰だって疲れます。

結論は【もらわない】です。

 

■施術する側の心の姿勢とは?

私のような施術者でなくとも、
読者様の中にはご家族や友人の足を
揉んであげている方たちは
たくさんいらっしゃると思います。

足を揉んであげる側の心の姿勢として

「悪いものをもらうのではないか」
と思考するその【心の持ち方を捨てる】

【一切のダメージは受けない】と信念する

【心と体の痛みを一緒にさらさらと

流してあげる】

足もみを通して、

自然治癒力を引き出すお手伝い

をしているという謙虚な意識が大切。

■受ける側の心の姿勢とは?

受ける側の心の姿勢として

悪いものを施術者に受け取ってもらおう

(↑この心怖いですね)

という考えを捨てる。

よく、「あの人といると元気になれる」

「あの人を見るだけでも心が軽くなる」

「あの人から元気をもらった」

と表現することがありますが、それは

自分の心が反応しているのであって

その人のエネルギーを奪い取って

いるわけではありません。

(↑この思考では、回復できません)

価値観が似ていたり、共感したり

その人のことが好きだったり

間合いが合う人と一緒にいると

本来持っている自らのエネルギーが

反応し、湧きだします。

心が強くなるのです。

決して、その人から

奪っているわけではないのです。

■あの痛みは何なのか?

では、私がクライアント様の痛みを

感じられるようになったのは何なのか?

 

クライアント様のこれまでの人生に

寄り添う気持ちで

【良くなれますように】と

意識を集中して施術を行うと

感覚は研ぎ澄まされていきます。

五感が、どんどんどんどん・・・

研ぎ澄まされていくのです。

そうすると、クライアント様の痛みを

自分の体に自然に通せるようになってきます。

でも、私は数ヶ月で、このやり方を

しないようにしました。

「自分の体に通す必要がない」からです。

 

【体の痛みは、心の痛み】

それを踏まえて、心と体に

寄り添う心で接し、意識を集中して

自分の体には通さずに、流していく。

そうして、双方のエネルギーが

満ちていくように施術を行います。

■良くなるのは、●●●です。

すべては自分の「心次第」です。

良くなってほしいと願う心と

良くなりたいと願う心。

させていただく。

していただく。

良くなるのは、その人本来の力であり

双方の心次第なのです。

記事一覧に戻る

©2017 足健道 さと足ツボ療術院 All Rights Reserved.