足健道 さと足ツボ療術院

健康・体質改善♪
「足もみ」といえば
足健道(そくけんどう)

0761-76-6363 (完全予約制)

11/14 【壁・ご縁・病気】ピンチのときに問われていること。

2020年11月14日

目指しているものがある。

がんばってやり遂げる。

そしたら次の目指すものが見える。

 

これを繰り返していくと

壁とか山とか課題が目の前に現れる。

「え?」とか「えぇぇ〜〜」とか

驚いたり、焦ったり、立ち止まる。

 

人とのご縁もそうで

良好な関係が一転して

誤解や行き違いが起こることがある。

大好きなのに、うまく行かない。

絡んだ糸が解けない。

 

病気が見つかった。

どうして私だけが。

孤独に襲われる。

 

「ピンチはチャンス」というけれど

ピンチは問われている。

それでもやりますか?

それでもまっすぐ生きますか?

 

眠れないぐらい

落ち込んだり

戸惑ったり

悩んだりすることで

今までとは違った目線でものを

考えるようになる。

 

見えなかったことが

見えるようになる。

 

今があるのは、

これまでのご縁のおかげ様。

今までありがとう。

感謝の心がより育まれる。

 

ピンチは「終わり」なのではなくて

その時が節目。

転機のチャンス。

 

体を真っ直ぐにして、呼吸を整える。

背筋を伸ばして、目の前の壁とか山の

上の方の光を探す。

その光は、

ワクワクすること。

楽しくなること。

力が湧いてくること。

 

ピンチの中の「種」を見つけよう。

記事一覧に戻る

©2017 足健道 さと足ツボ療術院 All Rights Reserved.