足健道 さと足ツボ療術院

健康・体質改善♪
「足もみ」といえば
足健道(そくけんどう)

0761-76-6363 (完全予約制)
ネットショップはこちら

2/2【第三感 鼻】鼻力と脳力を蘇らせる5つの養生法

2024年2月2日

「五官」と「五感」は、心と体の司令塔。使い方次第で元気な心と体を創ることができます。

「五官」目・見ること、耳・聴くこと、鼻・嗅ぐこと、口・言うこと(おしゃべり)、体・動くこと。

「五感」視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚。(4つ目5つ目の違いがあります)

 

今回は、3番目に位置づけられている鼻「第三感」。

鼻と脳の生命力を強くするための5つの養生法。ふと気づいたときにやってください。

 

1.呼吸は、鼻から出して鼻から吸う。「出すが先」です。

五行学説では、鼻と肺は同じグループに位置づけられています。呼吸ができなくなれば、とたんに命がなくなってしまうことからも、強く結ばれていることがわかります。

また嗅覚は、記憶を司る海馬にストレートに繋がっています。脳を刺激し、認知症予防ができると考えられています。

私たちは焼肉やコーヒーなど食べ物の匂いが漂ってくると、すぐにそれをイメージし食欲が湧いてきたり、飲みたくなったりします。また香水の香りで人を思い出したりすることからも、匂いで多くのことを記憶している事がわかります。

 

2.好きな匂いを嗅ぐ習慣をつける。

コーヒー、紅茶、ココア、お茶などの飲み物やアロマでも良い。

「イイ匂い!」「ワクワクする!」と感じる匂いをドンドンかぎましょう。

 

3.鼻詰まりは、鼻の反射区(親指の内側側面)に、10秒間深く、押し潰すように安定圧を入れる。

スッと通る感覚を感じられるまでやります。左右両方押してみて、効果の感じられる方を繰り返すと良い。すぐにまた詰まってくるようなら、毎日コツコツ続けてください。

良い経過として、鼻水がたくさん出てくる可能性があります。驚いて薬を飲んで止めてしまわないように。時々そんな方がいらっしゃいます(笑)

ただし、ドンドン悪化して症状が続く方は、病院での検査をおすすめいたします。

 

4.鼻水や痰(老廃物)は、出し切ること。

我慢できる範囲で良いので、薬で止めてしまわないこと。

 

5.思考の癖。心の浄化+わかり合いたい気持ちを知ること。

「鼻水」は、心の涙。

心配したり、思い悩んだり、辛さを感じたあと、心がふと緩んだときに、鼻水を出して心の浄化をしているという考え方があります。だから出し切るのが良いのです。

 

慢性的な「鼻詰まり」は、鼻持ちならない無意識の心理です。(*臭気がひどくて堪え難いという由来があります)

理解できない人、もしくは理解してもらえないと思っている人が傍にいませんか?感情的にならないように自分を抑え、感じないようにしているのです。

想像してください。苦手な人とか生理的に受け付けられない人がそばにいる時、とっさに息を止めたり、息をひそめてしまうことを。日々の生活がそんな状態になっているので、炎症を起こし、機能が少しづつ低下していくことになります。

私たちは、わかり合える人間関係を理想としています。けれどいつの間にか「わかって欲しい」という思いが強くなってしまう。相手がそうならこちらも。という感じで、自分を守るために、無意識に身に着けた処世術であろうと思います。

「あぁ…私はわかり合いたかったのだ。なんて可愛いのだ」と自分に気づいてあげてください。誰がいようとも鼻の穴を大きく広げて堂々と、思い切り、息を吸っていいのだということを、自分に教えてあげてください。そうすると、相手を理解しようとする気持ちが湧いてくるはずです。

鼻の使い方を調整し、バランスを取り戻す習慣を身につけること。呼吸が整い、脳への刺激が活性し、心も整っていくのです。

どのような出来事が起ころうとも、どのようなストレスを感じようとも、心を安定させるスキルを身につけることが重要なのです。

ぜひ、足もみにプラスしてみてください。

記事一覧に戻る

©足健道 さと足ツボ療術院 All Rights Reserved.