足健道 さと足ツボ療術院

健康・体質改善♪
「足もみ」といえば
足健道(そくけんどう)

0761-76-6363 (完全予約制)

7/7 「大切な人が大病」一緒に乗り越える方法。

2020年7月7日

大切な人が大病を患ったとき

私たちは不安でいっぱいになります。

 

治れなかったらどうしようという心配。

いなくなったらどうしようっていう不安で

心がいっぱいになってしまうから。

 

これは、大切に思う人だからこそ

想いに比例して

湧き上がる感情ですが

どれだけ心配して不安になっても

大切な人の病気は治りません。

 

不安でいっぱいになって

眠れなくなって

食欲がなくなって

元気がなくなって

一緒に病気になっても

それで大切な人が回復するなら

それも一つの方法かもしれませんが

私たちが変わってあげることなど

できないのです。

 

また

「なにもしてあげられない」

と言って泣いてしまう。

これも、ご本人様を突き放し

孤独を感じさせる言葉です。

 

できることはたくさんあるからです。

「何をしてあげられるか」

冷静になって考えてみましょう。

 

例えば

病院に一緒に行ってあげる。

そばにいてあげる。

手をつないであげる。

話を聞いてあげる。

一緒に寝てあげる。

ご飯を作ってあげる。

好物を買っていってあげる。

 

求められることに答えてあげる。

求められなくても

何かをしてあげたいという想いでいる。

 

その中に

「足を揉んであげる。」

を入れてみてください。

「大切だよ」

「大好きだよ」

「ずっと見守るよ」

「大丈夫」

「ありがとう」

そんな想いは、

姿や表情や仕草で相手に伝わる。

心の交流は始まり

心と体の相乗効果が表れはじめます。


いっぱいいっぱい考えているうちに

大切な人の心も癒され

逆に自分も救われていくのです。

 

不安を打ち消し

一緒に乗り越える方法。

記事一覧に戻る

©2017 足健道 さと足ツボ療術院 All Rights Reserved.